万全な鳩対策をとって安心生活を取り戻そう❘悩める糞と騒音問題

作業員

糞による被害

駆除スプレー

駆除業者はさまざまな対策法をもって、鳩を依頼者が生活している空間から追い出していきます。鳩は1羽でぽっぽーと鳴くと大した声量ではありませんが、20~50羽という群れになるとその鳴き声さえも騒音問題になるでしょう。住宅街を住処としている鳩は群れで行動していることが多いので、その問題に悩まされている家庭もまた多いのです。その問題を解決する為に、個人単位ではなく、自治体という法人単位で鳩対策がとられることもあります。ゴミ捨て場にも溜まりやすい鳩を寄せ付けないようにと、やはりネット加工という方法が選ばれやすいものです。しかし、あまり高い駆除効果を期待できない可能性があります。

鳩は自分の行動範囲を固定化するのでしつこくその場へ執着すします。ネット加工の他に、駆除業者特有の忌避剤をそのスペースに塗布したり、高額となる柵ではなく、ワイヤーやテラス張りしたりすることで高い駆除効果を期待できるでしょう。ゴキブリや病原菌発生の元となる糞を毎日徹底して処理することも立派な対策法となります。常に糞があることで、そこに住み着いている鳩がいる証になるので安全な場所だと認識されやすいのです。

糞をそのまま放置していると鳩を寄せ付けやすくするのみならず、悪臭や金属製品をどんどん腐食させていく可能性があるでしょう。ゴミ捨て場だと生ごみがある日にはさらにゴキブリなどの害虫までも呼び寄せてしまいます。地域の自治体によっては、自分達の手で駆除が無理だと判断した際に駆除業者へ依頼することもあるでしょう。対策法として最も即効性があると言えます。