万全な鳩対策をとって安心生活を取り戻そう❘悩める糞と騒音問題

作業員

鳩との同居

女性

鳩は野鳥の中でも特に身近な存在となるでしょう。よく群れで公園や広場にいる姿が目撃されるものです。普段はそう気にならない存在になりますが、いざ自宅に住み着かれることになるととても厄介な存在になります。鳩が住宅に住み着く理由は、家族となる卵を外敵から守ることにあります。鳩の外敵には猫や大きなカラスがおり、それらは鳩の卵を狙ってくるのです。その為、猫やカラスが来ないであろう安全な場所を探しまわって巣作りを開始することが増えてきました。特に、高層階となるアパートやマンションや一戸建て住宅の屋上は、鳩が安心できる場所としてよく選ばれています。そういった住宅環境にある場合には、事前に鳩対策をとっておきましょう。

鳩が巣作りした箇所には当然のことながら糞害が生じるでしょう。夫婦としてのパートナーが一度決まると一生涯共に過ごすと言われているので、鳩2羽分の糞とこれから生まれてくる卵がそこにはあります。鳩対策をとっていないと、こういった事態に見舞われることはそう珍しいことではありません。自宅のベランダや屋上に鳩が住み着かれた日にはどうにかして追い出したいものです。しかし、鳥獣保護法に守られている鳩やその巣、卵を移動させたり処分したりすることは強く禁じられています。

すでに住み着いてしまった鳩へ対策をとる為には、プロとなる駆除業者へ依頼しましょう。自治体から許可を得ている業者であれば、鳥獣保護法に関係なく引き取ることができるのです。仮に個人で対策をとって鳩を捕らえたとしても、最終的に許可を得ている業者へ引き渡さなくてはいけません。一度で全ての作業がスムーズに済む上に高い駆除効果を得ることができるでしょう。